2019年12月26日
大阪イノベーションハブ
公益財団法人大阪産業局

関西発で拡がるベンチャー型事業承継支援、支援機関向けに説明会を開催

https://peatix.com/event/1396351/

近畿経済産業局では、国が推進するベンチャー型事業承継支援策を、
正しい理解とともに弾力的に拡げていくために、近畿圏の地方自治体や
中小企業支援機関やを対象に、企業事例や取り組み実績や紹介するイベントを
2月5日(水)に大阪梅田で実施します。

世代交代を機に家業の経営資源を活用して新たな事業領域に挑戦する若手後継者を
ベンチャー企業として、スタートアップ同様に支援する動きが全国的に広がっています。

アトツギベンチャーは地方経済をけん引するベンチャー企業像として
注目されていることから、先行してロールモデル事業を実践している
近畿経済産業局には、各地の支援機関から問合せが多数寄せられています。

しかしながら、ベンチャー型事業承継政策は、承継前の若い世代に向けた
新規事業開発支援が特長となっており、支援ノウハウがない支援機関が
ほとんどなのが現状です。

本イベントでは、第一部で、ベンチャー型事業承継を実現した経営者が登壇。
具体的な事例を紹介するとともに、経営資源の棚卸や、自身の経験や得意分野を
掛け合わせて新たな事業領域に挑戦していったプロセスについてお話しいただきます。

第二部では、各地の自治体や中小企業支援機関の担当者を対象に、
さまざまなプログラムや実践事例を紹介しながら、
地域でベンチャー型事業承継支援をどう推進していくのかについて、
会議形式で実施します。

現在、全国各地で拡がるベンチャー型事業承継支援は、近畿経済産業局発で始まりました。
地方の新たなベンチャー企業として中小企業の若手後継者を支援する動きが
各地に根付くよう尽力してまいります。

<開催概要>
アトツギこそイノベーターであれ
いまこそベンチャー型事業承継について語ろう/ATOTSUGI VENTURE CONFERENCE 2020
https://peatix.com/event/1396351/

【日時】2020年2月5日(水) 14:00~17:30(第一部14:00~15:30、第二部16:00~17:30)
【場所】「WeWork 御堂筋フロンティア」
     大阪府大阪市北区曽根崎新地 1-13-22 1F
     JR 東西線「北新地」駅(徒歩 3 分)/
     大阪メトロ谷町線「東梅田」駅(徒歩 6 分) / JR「大阪」駅(徒歩 10 分)

【参加費】無料/定員80名

【第一部】
① ベンチャー型事業承継のケーススタディ 14:00~15:10
 ミミズつくって起死回生!?創業138年 老舗が挑む研究開発型ベンチャーへの道
 ワキ製薬株式会社 代表取締役社長 脇本真之介氏

 モデレータ:一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事 山野千枝

②ベンチャー型事業承継支援の取組み紹介(近畿経済産業局)

【第二部】
③ベンチャー型事業承継支援について
 一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事 山野千枝
                    事務局長 奥村真也

④トークセッション「各地の実践事例をシェア」
 南海電鉄、福岡県の取組を紹介

【主催】近畿経済産業局
【共催】大阪イノベーションハブ
    一般社団法人ベンチャー型事業承継