2019年9月25日
公益財団法人大阪産業局

<報道関係者限定>
「大阪トップランナー育成事業」認定プロジェクトが新たに決定!!

~ 幼児のアフタースクールから、老後に備えるキックボクシング
さらにIoT歯ブラシから、鋳物砂の再生技術まで計10件~

<報道関係者向けプレゼンテーション会を10月9日(水)に開催>

http://www.osaka-toprunner.jp/

平成25年からスタートし、今年で7回目となる大阪市の「大阪トップランナー
育成事業*」では、新たな価値を提供し、新たな需要の創出が期待できる新製品・
新サービスの事業化をめざす中小企業からのプロジェクトの募集を今年も実施し、
市場性、新規性、実現可能性が期待できるプロジェクト10件を認定しました。

今後は、各認定プロジェクトを担当するコーディネータが、各社が直面する
課題の解決をサポートすることで事業化を促進します。
また、株式会社関西みらい銀行から総額500万円(各プロジェクト50万円)の
助成金が給付され、金融サービスや販路拡大などのサポートが受けられます。

つきましては、10月9日(水)に、Osaka Innovation Hubで報道関係者の皆さまを
対象に、認定証の授与式、及び各プロジェクトのプレゼンテーション会を下記の
通り開催しますので、ぜひお越しください。
(ご出席いただける場合は、事前に下記までご連絡ください)

大阪産業局 広報担当 鈴木 pr@sansokan.jp

◆事業プレゼンテーション会 概要◆

日時:2019年10月9日(水)10:30~13:00
場所:Osaka Innovation Hub
  (グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階)

<進行>
10:30 開会の挨拶
     大阪トップランナー育成事業の説明
     関西みらい銀行の取組について
10:50 認定証及び目録授与
11:10 認定プロジェクト事業プレゼン(5分×10社)
12:00 個別取材~終了(13:00終了予定)

◆令和元年度認定プロジェクト 計10件、50音順◆
http://www.osaka-toprunner.jp/project/list.html
*プロジェクト詳細は10月9日に掲載

◇制作物の修正依頼にかかる時間を1/5に短縮
世界のクリエイティブに速さと楽しさで革命を起こす!MONJI
(ALAKI株式会社/大阪市北区/代表取締役 山内 裕次)

◇光触媒のイノベーション!最新技術で除菌・消臭空間を提供
独自技術で世界へ発信!光触媒製品の開発・拡販による認知拡大
(カルテック株式会社/大阪市中央区/代表取締役社長 染井 潤一)

◇お迎えから夜の預かりまで、子育て世代をワンストップでサポート
幼児アフタースクールによるワークライフハーモニー社会の実現
(株式会社Gloridge/大阪市中央区/代表取締役 橋本 誠人)

◇健康な老後に備えて!生涯動けるカラダづくり
キックボクシングで健康寿命と人の可能性を伸ばしあきらめない社会の創造
(株式会社STYLE/大阪市福島区/代表取締役 池本 誠知)

◇高機能透水化粧ふたで景観美を実現!
Toskで始まる暮らしと人にやさしいECOな街並み
(ダイドレ株式会社/大阪市西区/代表取締役社長 油上 訓)

◇LOI測定装置と新型再生機で鋳造業界に革命を
縁の下の力持ち!鋳物砂の再生技術をIoT運用で効率化
(太洋マシナリー株式会社/大阪市淀川区/代表取締役社長 渡辺 兼三)

◇子どもの能力を数値化し、教育業界にイノベーションを起こす
NOCC BASE 教育を直感から科学へ
(株式会社トワール/大阪市北区/代表取締役 濱野 裕希)

◇世界初!口臭から歯周病をセンシングするIoTスマート歯ブラシ
IoT歯ブラシを用いたデータプラットフォームの構築と事業化
(株式会社NOVENINE/大阪市北区/代表取締役社長 廣瀬 智一)

◇オリジナル「温活」メソッドで美容業の架け橋に
温活専門サロンの独自ノウハウで顧客QOL 向上と美容業の活性化
(株式会社MEETSHOP/大阪市中央区/代表取締役 前田 晴代)

◇インターネットでは探せない街中のリアルタイムオフラインデータを発信
アナログ×ITのチカラを融合させたビジネスマップツール“ macci ”
(株式会社Review/大阪市中央区/代表取締役CEO 藤本 茂夫)

<*大阪トップランナー育成事業とは>
大阪市では、世界中から人・モノ・投資等を呼び込むために、大阪ならではの
ビジネス・都市の魅力をUPさせるとともに、新しい価値を生み出すイノベーション
が次々と生まれる好循環づくりに取り組んでいます。
そうした中、大阪にある約18万社の中小企業には、新たな市場や新規事業に
チャレンジする企業も多く、そうした企業をサポートする取り組みの一つが
大阪トップランナー育成事業です。
本件がスタートした平成25年以来、認定されたプロジェクトは累計83件
(本年度分を含む)。本事業のハンズオン支援などにより新規事業の売上高が
6億円を突破した榎本薬品(株)や、売上が1330%以上アップした(株)笑美面など、
多数の成功事例が生まれています。

<統括コーディネータ(武坂 寿夫)からのコメント>
今年で7年目のトップランナー認定ですが、年々、レベルが上がっており本年度も
甲乙付け難い内容でした。いずれもさまざまな課題に向き合う経営者の強い気持ちが
前面に出ていました。認定プロジェクトはどれも、単に社会に貢献するだけでなく、
ビジネスとしてスケールする可能性を秘めた案件ばかりで、大阪から世界を変える
ような素晴らしいプロジェクトになることを願います。

◇大阪トップランナー育成事業の概要
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000003623.html

◇これまでの認定プロジェクト(累計83社)
http://www.osaka-toprunner.jp/project/list.html

※本件は、(公財)大阪産業局が大阪市より運営を受託しています。